所長BLOG

2012年12月 6日 木曜日

インターンシップの目的




みなさん、こんにちは。

渋谷区で開業する採用コンサルタント社労士 田中謙二です。

日本のインターンシップは、携帯電話のようにガラパゴスなんです。

なぜなら、「採用」に繋がるようなインターンシップは禁止されているからです。

これは、日本独特のものといっていいでしょう。

禁止といっても、もちろん法的拘束力はありません。

経団連、経産省、文科省、厚労省が中心となって、倫理憲章等でインターンシップを「就業体験」と決めているからです。

そのことがインターンシップを使い勝手の悪いものにしています。

例えば、倫理憲章では、
インターンシップについて、「産学連携による人材育成の観点から、学生の就業体験の機会を提供するために実施するものである。したがって、その実施にあたっては、採用選考活動(広報活動・選考活動)とは一切関係ないことを明確にして行うこととする。」としている。

採用のミスマッチが問題となっています。

解決の1つのアイデアとして、インターンシップを採用直結型としたらいかがでしょう。

ソフトバンクグループは、倫理憲章を無視するかのように、「採用革命」と称し、
堂々と採用に繋がるインターンシップを行っています。以下、抜粋してみます。
https://iroots.jp/member/event/detail/17/
「ここで皆さんが得ることができるのは、名ばかりのインターンシップではなく、限りなく本番に近い"生きた"就労体験です。
2週間から約1カ月間、先輩社員と肩を並べて実際の仕事に取り組んでもらうことで互いの理解を深め合い、
採用活動につなげたいと考えています。」

いかがでしょう。

一緒に働いてみないと資質はわかりません。面接や書類では見極めが困難なんです。

ある一定の期間、お試しに働くことで、企業も就活生もお互いをよりyく知るというメリットがあります。

インターンシップの本来の目的に立ち返って再検討していただきたいものです。


このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31