所長BLOG

2012年12月21日 金曜日

労働法教育について考える




いつも読ませていただいている濱口先生のブログに
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2dd8.html
「非正社員ほど権利を知らない」というエントリーがありました。

連合総研の勤労者短観を引用して、非正社員の権利認識についてコメントされています。
労働法教育の必要性を感じます。

非正社員の権利意識もそうですが、根底は教育なんだろうと思います。先生も触れられていますが、
「今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会報告書」(平成21.2.27厚生労働省)の中に、
学生・生徒の権利意識について指摘した部分がありました。一部引用しますと、

1 学生・生徒
・ 高校生に比べて大学生等は理解度の高い者が多い。
・ アルバイト経験の有無による理解度の相違は、高校生にはあまり見
られないが、大学生等ではアルバイト経験がある学生の方が理解度の
高い者が多い。
・ 不当な扱いを受けた際の行動としては、高校生は友人を頼りに、大
学生等になるとインターネットでの検索や上司への相談などを行うよ
うになる。
・ 「労働者の権利・義務を学ぶプログラム」等を受講した経験が、理
解度を向上させる。
・ 「友達と仕事や働くことについて話をする」学生・生徒や「新聞の
政治欄や経済欄を読む」学生・生徒ほど理解度が高い。
・ 将来に対する希望が見いだせない層では比較的理解度が低い。
・ 「分からないことは積極的に自分で調べたり人に聞く」学生・生徒
ほど理解度が高い。


正しい労働法の知識を少なくとも高校生くらいから学んで、将来労働者となった時、あるいは、
経営者になった時、労働法の趣旨を理解して、お互いが気持ちよく働ける、働いてもらえる環境を
つくって行く努力が必要でしょう。

来年は社労士として、高校生の法教育に携わっていきたいと思いました。

渋谷区で開業しています。
エムエイリンク社労士事務所
採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31