所長BLOG

2013年4月24日 水曜日

年金は65歳からもらえる?




経済協力開発機構は、日本経済に関する分析や提言をまとめた対日審査報告を発表しました。
概要は以下の通りです。

1.デフレ脱却のためには、安倍政権が掲げる大胆な金融緩和や成長戦略など、いわゆる「三本の矢」の政策を完全に実施することが極めて重要。

2.2013年の経済成長率の見通しを1.4%、14年も同率の1.4%と予測。

3.2020年までの基礎的財政収支の黒字化を目標に、歳出削減や増税の計画策定を求める。

4.歳出の伸びを抑制するために、年金支給年齢の引き上げなどの社会保障改革が不可欠。
財政負担を減らすためには、年金の支給開始齢を65歳に引き上げるペースを加速したうえで、さらなる引き上げが必要。


年金は破綻するという議論がネットで飛び交っています。
少子高齢化の影響もあって、財源が厳しいのは事実です。
財源問題はずいぶん前から指摘されていました。
財政を考えれば、将来的には70歳支給開始となってもおかしくないでしょう。

10年で年金受給権が獲得できるよう法改正がされました(施行は2015年10月)が、これは将来大問題になると思っています。
理由は、10年だけ年金を払ってそれ以降払わない人が続出するのではないか。
もちろん、10年程度では将来もらえる年金は雀の涙です。ですが、そこまで考えている人は少ないと思われます。
現在、25年支払って年金受給権が発生し、40年支払っても月額6.6万円(満額)です。
これだけでは生活はできません。

今後は、ますます政府には頼れません。自分で年金を創っていく工夫が大事でしょう。

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31