所長BLOG

2013年4月 9日 火曜日

社長、就業規則はどこにありますか?




社長、会社の就業規則は有効ですか?

就業規則を作成する場合、改定する場合に知っておくルールがあります。
特に、「周知」は重要です。
作成内容や変更内容を肝心の従業員が知っていなければ守りようもありません。
以下(1)~(3)は確実に行いましょう。

(1)労働者代表の意見を聴くこと。
(2)労基署へ届け出ること。
(3)労働者へ周知すること。

(1)と(2)は比較的できている事業主さんはありますが、(3)がおろそかになっている場面をしばしば見かけます。
社長の机に仕舞ってある、金庫に入れてあるなどは、実質的に周知しているとは評価されません。

見たいときにいつでも見られる状態にないと意味が無いのです。
最近では、社内パソコンの共有フォルダに置いてある事業所さんも多くなりました。
ただし、改ざんの危険もありますので、PDFにしておくなど注意は必要でしょう。

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31