所長BLOG

2013年6月13日 木曜日

トップの責任って何だろう



球界がもめていますね。

公式戦で使用する統一球を変更した事実を隠ぺいしていた問題。

記者会見した加藤コミッショナーは、「変更はないと説明していたが、ボールの芯を取り巻くゴムの成分に変化があったことが判明した。これまでと食い違うことになり、ファンにおわびしたい」と陳謝したそうです。

コミッショナーって、そもそも何をする人でしょうか?

よくわからない。

調べてみました。

野球協約によれば、
第8条(職権)
(1)コミッショナーは、日本プロフェッショナル野球組織を代表し、これを管理統制する。
(2)コミッショナーが下す指令、裁定、裁決ならびに制裁は、最終決定であって、この組織に属するすべての団体と個人を拘束する。
第9条(指令、裁定および裁決)
(1)指令 コミッショナーは、野球最高の利益を確保するために、この組織に属する団体あるいは個人に指令を発することができる。

ふむふむ。協約を読むとよく分かります。コミッショナーって、強大な権限あるんですね。

加藤氏は、部下が勝手にやったことで、私に責任はないとおっしゃりたいのでしょうか。

部下の失態で迷惑をかけたなら、トップとして誠実に謝罪することが第一と思うのですが。

この問題、みなさんはどう考えますか?

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31