所長BLOG

2013年3月26日 火曜日

お花見




関東は先週末から桜が満開ですね。

私の事務所のある渋谷区桜丘町には、「さくら通り」という通りがあって、いままさに満開です。

さすがに交通量が多く、ゴザを広げて一杯なんて人はいませんが。

この時期は、公園のあちこちで花見の宴が行われています。

そうそう、サラリーマンの花見の場所取りは、新人の仕事。

私もよく井の頭公園で場所取りをしました。夜までの長かったこと。

ところで、花見の宴会は、海外ではないそうですね。

もったいない。ていうか、公園でアルコールは禁止が常識だそうで。

日本でも、野球禁止やらサッカー禁止やら、公園での禁止事項は多いのですが、

花見だけは例外で、みなさん、短い春を思いっきり楽しんでいます。

もっとも、花なんてちゃんと鑑賞しないんですけどね。でも、咲いていないとダメなんですが。

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所 | 記事URL

2013年3月21日 木曜日

定年後再雇用の年休の扱い





先日、ある企業(定年後に再雇用制度がある)から有給休暇の質問がありました。

再雇用後は、労働条件を変更して、週4日、1日6時間になるが、有給休暇の扱いはどうなるかという質問でした。

労基法には、比例付与という仕組みがあります。

短時間勤務者には、所定労働時間に応じて年休が比例付与されます。

週の所定労働時間が30時間未満であり、かつ、週の所定労働日数が4日以下である、

または、週以外の期間によって所定労働時間の定められている労働者については、

年の所定労働日数が216日以下である場合があてはまります。


従って、ご質問のケースは、比例付与の対象となり、付与日数は定年前より少なくなりますが継続して付与されます。


日数の詳細は、厚労省のHPで確認してください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei06.html




渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所 | 記事URL

2013年3月 8日 金曜日

労働条件を自主点検してみよう




労基署から呼び出しがあったと緊急電話をいただくケースがあります。
慌てないために事前にチェックしておきましょう。


労働基準監督署が調査で確認するポイント
労働基準監督署から送付されてくる「労働条件自主点検表」の内容です。
労働条件自主点検表をチェックして、問題点があればそこを改善する。

まずは、以下の労働条件自主点検表で確認してみて下さい。

1)通常の労働者(正社員等)について、就業規則を作成していますか?
また、就業規則の内容が実際の勤務の状況に合っていますか?

2)パートタイム労働者について、就業規則を作成していますか?
また、就業規則の内容が実際の勤務の状況に合っていますか?

3)通常の労働者(正社員等)について、労働契約書を締結するに当たり、
労働時間、賃金、退職(解雇の事由を含む。)、安全衛生等の労働条件を
労働者に対し明示していますか?労働時間、賃金等に関する事項について書面を交付していますか?

4)パートタイム労働者について、労働契約書を締結するに当たり、
労働時間、賃金、退職(解雇の事由を含む。)、安全衛生等の労働条件を労働者に対し明示していますか?
労働時間、賃金等に関する事項について書面を交付していますか?

5)1週の所定労働時間(休憩時間、所定時間外労働時間は含みません)は、何時間に定めていますか?

6)1か月単位の変形労働時間制を採用している場合に、就業規則等で次の法定事項が定められていますか?
 1) 各日の始業・終業時刻
 2) 所定休日
 3) 変形期間の起算日
また、労使協定による場合、その労使協定に上記の2)3)のほか、法定事項である各日・各週の労働時間、変形期間、
協定の有効期間が定められていますか?

7)1年単位の変形労働時間制を採用している場合に、労使協定を締結し、所轄労働基準監督署長へ届け出ていますか?

8)休憩時間をどのように定めていますか?

9)所定休日をどのように定めていますか?

10)時間外労働の限度の基準に適合した、時間外労働・休日労働に関する協定(36協定)を締結し、
労基署に届け出ていますか?

11)労働者の過半数を代表する者の選出方法は、どのようにしていますか?

12)時間外労働又は深夜労働を行わせた場合に、その時間に対する割増賃金は、どのように支払っていますか?

13)休日労働を行わせた場合に、その時間に対する割増賃金は、どのように支払っていますか?

14)通常の労働者の年次有給休暇は、どのように取り扱っていますか?

15)パートタイム労働者の年次有給休暇は、どのように取り扱っていますか?

16)通常の労働者について、健康診断を実施していますか?

17)パートタイム労働者について、健康診断を実施していますか?

18)衛生委員会を設置し、必要な調査審議を行っていますか?

19)週40時間を超える労働が1月当たり100時間を超える労働者の申し出に対し、医師による面接指導を実施していますか?

20)長時間にわたる時間外・休日労働を行った労働者に対して、医師による面接指導等を実施していますか?

21)最低賃金額以上の賃金を支払っていますか?

22)労働者名簿・賃金台帳を作成し、必要事項を記入していますか?

23)労働保険(労災保険と雇用保険)に加入していますか?

24)労働者をやむを得ず解雇する場合に、法定の手続をとっていますか?

25)退職した労働者が退職時の証明書を請求した場合、交付していますか?

26)解雇の予告をした労働者が解雇理由の証明を請求した場合、交付していますか?


いかがだったでしょうか?
チェック項目について、キッチリやっておけば恐るるに足りずです。

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所 | 記事URL

2013年3月 4日 月曜日

会社設立と労災保険




会社設立と労災の手続き

ある会社から労災保険の加入について相談がありました。

相談内容は、設立当初(平成25年3月1日)は代表取締役1名、取締役2名で事業を行い、同年4月1日から事務員を1名雇う予定であるとのこと。いつのタイミングで労災保険に加入すべきかという内容です。


ここでのポイントは、「労働者」に該当するならば労災に加入する義務があるという点です。

労災保険でいう「労働者」とは、労基法で定められている「労働者」と同一で、「事業に使用され、賃金を支払われる者」です。
一般的に、取締役はここでいう労働者には当てはまりません。しかし、「取締役=労働者でない」とは必ずしもならないことに注意が必要です。
つまり、取締役が実態として労働者として機能している場合には労災保険でいう「労働者」に該当するのです。
具体的には、法令・定款などで業務執行権を有する取締役・理事等の指揮監督を受けて労働に従事し、その対償として賃金を得ている場合が該当します。

このケースの場合、設立時に代表取締役は原則、労災に加入できませんが、取締役2名について「労働者」となうのかどうかを確認します。また、4月1日に1名事務員を採用するとのことですから、仮に、設立時に取締役が労働者に該当しない場合は、4月1日に労災に加入することになります。

実務的には、最寄りのハローワークに、定款、登記簿謄本、就業規則、給与規定、賃金台帳、出勤簿、労働者名簿、組織図、取締役議事録などを持参し相談するといいでしょう。

渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所 | 記事URL

2013年3月 1日 金曜日

春一番



今日から3月。



関東でも春一番が吹き荒れました。

そこかしこで梅の花も咲き始め、梅のいい香りを運んでくれます。

新しい芽が咲き始めるのを眺めていますと、命のたくましさを感じます。

まだしばらくは寒暖を繰り返しながら、でも、確実に日差しが強く感じられる季節。

毎週1回のランニングの回数を増やしたくなる今日この頃です。

先週、東京マラソンでした。

私はテレビで観戦していましたが、来年はぜひ走ってみたいものです。


渋谷区で開業する採用コンサルタント・社労士
田中 謙二


このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 エムエイリンク社労士事務所 | 記事URL