HOME > 「小冊子」無料プレゼント

「小冊子」無料プレゼント

特典



当事務所では、「会社を助ける知恵シリーズ」(全国2000以上の社労士事務所が加盟するPSR監修による)を無料で差し上げています。
対象:東京23区内に所在地がある法人企業に限らせていただきます。

注1)同業又は同業と関連のある企業の申込みはご遠慮ください。
注2)数に限りがあるため1社1冊に限ります。
注3)お預かりした個人情報は、弊事務所からの案内等に利用させていただく場合があります。
注4)在庫切れ、改訂中の場合があります。その場合は、多少お時間を頂戴いたします。


依頼方法:問い合わせフォームより送付先住所、社名、担当者名をご記入いただき、送信してください。
お問い合わせはこちらから
 
 

助成金・給付金ガイド

企業経営は「ヒト」「モノ」「カネ」といわれています。その中で、最も重要な「ヒト」に関する助成金・給付金が厚生労働省から数多く出されています。そのほとんどは業種を問わず活用できるものです。しかしながら、「良く分からない」「手続きが面倒だ」などの理由により、多くの事業主様に活用されていないのが現状です。ここでは、厚生労働省関連の助成金・給付金の中でも「使い勝手の良い助成金」を取り上げて紹介しています。
(※内容はガイドを参照しています。)


 

サービス残業対策10の知恵

「大手ハンバーガーチェーンが不払賃金の支払い!」
「残業手当を支払わずにサービス残業をさせたとして、幹部を書類送検!」


最近ではサービス残業が摘発されることは珍しくなくなりましたが、多額の不払賃金の支払いが経営へ及ぼすダメージは甚大です。単なる利益の減少にはとどまりません。企業のイメージダウンにより企業にとって何よりも大切な「人財」の確保が困難になることが深刻な問題です。サービス残業をさせる会社で喜んで働きたいと思う労働者がどれだけいるでしょうか。長時間労働は過労死はやうつ病などの社会問題になっています。企業の社会的責任が問われる中で、法令を順守し優秀な人材を確保することにより業績をアップしていくことを目指しませんか?「サービス残業対策10の知恵」では、基本的な労働時間管理と残業手当の削減についての知恵をご紹介します。

(※内容はガイドを参照しています。)
 

就業規則 10の落とし穴と10の知恵

就業規則は決して万能ではありません。しかし、ある一定のポインを押さえておけば、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。この小冊子で、不毛なトラブルを防ぐための「ツボ」について理解していただきたいと思います。
(※内容はガイドを参照しています。)


 

社会保険料適正化 10の知恵

少子高齢化に伴う社会保険料負担の増加は、個人はもとより事業主の皆様にとっても大きな経営課題となっています。厚生年金保険料の事業主負担率は、平成16年10月から平成29年度にかけて毎年0.177%ずつ引き上げられます。これは、年収500万円の従業員100名をかかえる企業の場合、最終的に年間約1200万円もの負担増になります。今後は厚生年金保険料だけでなく健康保険料の引き上げも予想され、社会保険料負担はますます増加するものと思われます。法務改正はやむを得ない事ですが、このまま何もせずに放っておくことはありません。知恵を絞り、法律に適合した形で社会保険料の削減をしてみませんか?
「社会保険料削減10の知恵」では、社会保険(厚生年金・健康保険・介護保険)の保険料削減についての知恵をご紹介します。
(※内容はガイドを参照しています。)